のらりくらりと ゆめうつつ

【Twitter】フォロワーさん500人記念企画をしてみた感想

thought



こんにちは。
shun.(@hitokoto_kotoba)です。

2018年11月18日から
本格的にTwitterを運用し始めて、
12月15日にフォロワーさんに
500もの方になっていただけました。

そこでTwitter上で企画をしてみました。
今回は、その感想記事です。

Sponsored Link

失敗企画

まず500人記念企画をして
盛大に失敗しました。

よくあるフォロー+
リツイートの企画です。

フォローしてくれたら
絵付きのコンセプト立案します。
みたいなことを
ツイートしてみました。

結果は反応がまるでない。
(いいねはつきましたが)

どちらかというとこれは、
受け身の企画でした。

見てくれた人が僕に
興味を持ってくれて
「これしてもらいたい」
というレベルではなかったのです。

企画変更

そこで新たな企画を
考えることにしました。

それが以下の内容です。

基本的にやりとりのあった方33名分をTwitter上で紹介する(勝手に)


Sponsored Link

企画の結果

ありがとうが増えた
フォロワーさんのフォロワーさんが増えた
フォロワーさん同士がつながった


僕自身も新たにフォロワーさんに
なっていただいた方もいます。

が、それよりも、
紹介させてもらった方の方が
反響がすごかったようです。

ありがとうが増えた

この企画は勝手にフォロワーさんを
紹介していったので、
どういう結果になるか
ドキドキもしました。

結果的にはとても感謝の言葉を
いただけることが多かったです。

もちろんプラスの内容での
投稿をしたため、
「ありがとうと言わざるを得ない」
ということもあると思います。

それでも、ただ単に
「ありがとう」だけで終わらない
言葉を多々いただけたので
おそらくイイコトだったのでしょう。

フォロワーさんとの関係は
あたたかいものであってほしいです。

フォロワーさんのフォロワーさんが増えた

感謝してもらったことのひとつです。
フォロワーさんに
興味を持ってくれる方が
増えたことはひとつの効果でしょう。

僕のフォロワーさんの中には
発信していくことを
目的にしている方が多いので、
これについては貢献できたのかなと
感じました。

フォロワーさん同士がつながった

これはやりとりや交流していきたい
共感でつながっていきたいと
常々考えてきた僕にとっては
理想をはるかに超える展開でした!

フォロワーさん同士がつながったり、
交流が加速したことはとても
うれしいです。

感想

受け身で何かできる状態ではない

最初考えた企画は受け身でした。
おそらく、誰もが認める実力や
分かりやすさがあれば、
企画は成功していたと感じます。

これはまだまだ自分のできることの
中途半端さと実力不足を痛感しました。

今の僕では、待っているだけの企画では
成功しないのだなと再認識しました。

なので、今後は何か攻めの企画
自分から動いて何かしていく方法を
考えようと思います。

Twitterは「受け手」市場

Twitterをしていて思うことは
友だち同士や見るだけでいいや
という人もいると思いますが、
自分の発信をしていきたい人も
多いように感じます。

みんながみんな発信していて、
やっぱり発信が届くように
フォロワーさんを増やそうとしている。

その中で、フォロワーさんが増える
きっかけをつくってくれることは
とても貴重なのではと感じました。

当初は純粋に日頃やりとりをして
お世話になっている人のことを
こんなところもあるんだと
紹介していきたいと考えたことが
そもそものきっかけでした。

この企画を通して、
さらにTwitter上では
「発信」の手助けをしてくれる人、
「受信」をしてくれる人は
かなり貴重な存在だと再認識しました。

これからは「発信」だけでなく、
「受信」活動にも力を入れてみようと
考えています。

Sponsored Link

今後に向けて

Twitterでの発信

2018年11月18日より
本格的にTwitterを始動させてみました。
約一ヶ月ですが、色々な使い方や
可能性を感じました。

もともと、「人」に興味を持ち、
心理学を学び、
そこから建築を学びました。
人から始まった興味ですので、
「人がいる場」
という興味があります。

そういう意味では、
Twitterからのやりとりから
人と出会い、そこから色々な
可能性を感じます。

自分のできることを明確化

これはTwitterにも関連することですが、
今一度、自分のしてきたことを
明確にしていこうと
考えています。

自分は今何ができるのか。
そのことを整理していく必要があると
強く感じました。

というのは、
何か「強み」がある方が
貢献できる幅も増えるし、
組み合わせで新しい貢献の方法が
思いつくかもしれないからです。

自分のしていきたいことを明確化

自分のしてきたことを
明確にするとともに、
今後していきたいことを
明確化していきます。

心理学でへ
人の悩みごとや病気のことなど
「ヒト」の周りの「コト」を学び、
そこから建築の世界へ飛び込み
「コト」が起こる「バ」を
作ってきました。

「hitokoto-kotoba」では
「ヒト」と「バ」をつなぐのは
「コト」だと考えています。

これからあたたかな「コト」を
起こしていけるように、

Twitterを媒介にして
コラボを起こしていくことが
直近の目標です。

これからもよろしくお願いします!

ご感想など

ご質問・ご感想などは
 Twitter(shun.@hitokoto_kotoba)
 お問い合わせから
 いただけるとうれしいです!

Sponsored Link