のらりくらりと ゆめうつつ

【Twitter】初めて2週間の初心者が考えたこと。ブログのこと

thought



こんにちは。
shun.(@hitokoto_kotoba)です。

Twitterを2018.11.18より本格的に始めました。
フォロワーさんがまったくの0からのスタートです。

開始から2週間が経ち、
フォロワーさんの数は、
0から始め、200を超えるまでになりました。
ありがとうございます。

今回は、初心者の僕が、
Twitterを開始してから2週間で、
感じたこと、学んだことを
書いていきます。

Sponsored Link

何のためにTwitterをやるのか

これは本当に大事なことと実感しています。

僕がTwitterを始めた理由

ブログのアクセスを伸ばしたい
発信できる場を増やしたい



僕がTwitterを始めた理由はこの2つです。

プロフィールにもあるように

 これまで経験してきたことと
 これから経験していくことの
 アウトプットを通して
 何もしないで批判するだけでなく、
 やらされて何かをするのでもなく、
 自分の意志で何かを発信し、
 実現していく。



 これが、このブログの目的です。


他の人にも人生があるように、
僕にもさまざまな経験があります。

そして、いわゆる「弱者」である
ことも多かったのです。

高校を中退して大検を取得して、
大学受験したときは
偏差値30からのスタートでした。

6年間学んだ心理学の世界から、
建築の世界へと飛び込み、
仕事を始めたときは、
27歳で未経験からのスタートでした。

初めての職場の設計事務所は
経営上の理由で解雇になりました。

派遣社員やアルバイトで生計を
立てる日々もありました。

うつ病にもなりました。

ようやく正社員になれても、
パワハラで適応障害にもなりました。

弱い立場を経験することも
多かったのです。

だからこそ、そういった経験とともに、
そこからでもやっていけることを
発信していきたいと考えています。

同時に、
同じような境遇の人の
支えや手助けになりたい。
こんなやつもいると
知ってほしい。

そういう想いで、
ブログもTwitterも継続しています。

だからこそ、
よりブログを知ってもらうための
窓口として始めました。

なぜ、理由が必要か

僕がTwitterを始めて感じたことは、
フォロワーさんが増えるとうれしい。
ということです。

当たり前のように
思われるかもしれませんが、
やはり、自分自身を認めてもらう
フォローされるというのは
いいものです。
少なくとも、悪い気はしないのでは
と思います。

僕の場合、当初
フォロワーさんの増減に
一喜一憂してしまう。
という面がありました。

フォロワーさんの数だけを
求めるようになってしまう
危険を感じました。

だからこそ、
何のためにTwitterをしているか、
ブレない目的がないと、
見える部分に
気持ち的にも左右されてしまいます。

Twitterをやっている人について

Twitterをやる理由は人それぞれです。
それは大きく分けて2つあると感じました。

自分だけのつぶやき
交流を目的としたつぶやき


自分だけのつぶやき

これは稀ではあると思います。
自分の備忘録や日記として
Twitterをしている人です。

こういった場合、
極論フォロワーさんはいりません。

交流を目的としたつぶやき

大半の人がこちらだと思います。
「いいね」をもらう。
「リツイート」される。
「返信」される。といった
反応を求めている人。
フォロワーさんを増やして
発信力を高めたい。

そういった人が大半です。
こういう人は、日々フォロワーさんを
増やそうと努力している印象があります。

Sponsored Link

フォロワーさんが増える意味

より多くの人に自分の発信が届く
より自分の発信が支持されやすくなる


より多くの人に自分の発信が届く

フォロワーさんを増やしたい
一番の理由は、
より多くの人に自分の発信を
届けたいからでしょう。

もしくはブログなどへの
流入を狙っているのかもしれません。

フォロワーさんが増えることで
きっかけが増えることは
とても実感します。

より自分の発信が支持されやすくなる

これは如実に感じます。
フォロワーさんが多い、
支持されている人は、

「今から何しようかな」

くらいのツイートでも、
「いいね」がたくさんついたりします。

こういった意味で、
フォロワーさんが増えることの
効果はやはり感じました。

「何を言うか」よりも
「誰が言うか」の威力を感じます。

ギモン:数を増やすことだけに意味はあるのか

フォロワーさんが増えることは
自分を知ってもらうためには、
とても効果的だと感じました。

実際、僕のブログにも
Twitterを始めてから、
ありがたいことに
新規で見てくれる方が
とても増えました。

ですが、
だからといって、
闇雲にフォロワーさんが増やすことにも
ギモンを感じます。

誰に向かって記事を書いているのか

先にも書いたように、
僕は弱い立場を経験することも
多かったのです。

だからこそ、そういった経験とともに、
そこからでもやっていけることを
発信していきたいと考えています。

Twitterを始めて
誰に知ってもらいたいかというと、

同時に、
同じような境遇の人の
支えや手助けになりたい。
こんなやつもいると
知ってほしい。

そういう想いで、
ブログもTwitterも継続しています。

ブロガーのためのブログ?

ブログをしている人で、
同じようにブログをしている人からの
ヒントを求めている人も
多いという印象を持ちました。

もちろん、ブログのことを
学ぶということは重要だと感じます。

それ以上に、
誰に伝えるのかということが
重要な気がしてなりません。

そして、
ブロガーの中では、
いくつかコミュニティがあって、
そこに所属しないと、
周囲に冷たい印象もあります。

ブロガーのためのTwitterに
なってしまうことには、
今のところ、ギモンに感じました。

発信が届いているのは誰か?

自分の届けたい人に、
自分の発信が届いているのか?

これが重要だと感じました。

たとえば、
フォロワーさんが1000人いたとして、
女性に向けたことを発信しているのに、
フォロワーさんが全員男性だと
まったく意図したところには、
届いていないことになります。

このように、
自分の発信が届いてほしい人に
フォロワーさんになってもらわないと
意図したところには、
届かないと感じました。

ブロガー同士のコミュニティには
強力なメリットがあるとともに、
ギモンも感じています。

数だけのフォロワーさんもいる

Twitterを始めて感じたのは、
数だけを求めている人も多いことです。

相互フォローします。
みたいなのがとても多い。

そしてフォロワーさんの中には、
ビジネスの勧誘を行うための人もいます。

※こちらもご参照ください。

このように、
自分の発信が届かない
フォロワーさんの数が
いくら増えたところで
意味がないように感じました。

Sponsored Link

まとめ

Twitterを
2週間続けてみて感じたことは

「何を言うか」よりも「誰が言うか」
  発言力=支持されていること
自分が「誰に」「何を言うか」
  発信を届けたい人に届ける



この2つが大切な気がしています。

ご感想など

ご質問・ご感想などは
 Twitter(shun.@hitokoto_kotoba)
 お問い合わせから
 いただけるとうれしいです!

Sponsored Link