のらりくらりと ゆめうつつ

適応障害とうつ病や、ほかの病気との違い【体験談】

life



こんにちは。
shun.(@hitokoto_kotoba)です。

僕自身はうつ病の診断を
受けたことがあります。
また別の時期に
上司からのパワハラによって
適応障害の診断も受けました。

今回は、適応障害について、
うつ病など、その他の病気との
違いについて書いていきます。

※適応障害については
こちらの記事をご参照下さい。

Sponsored Link

適応障害の診断基準

世界保健機構の
診断ガイドラインである
ICD-10によると、
適応障害とは以下のように
定義されています。

「ストレス因により引き起こされる
情緒面や行動面の症状で、
社会的機能が著しく障害されている状態」



つまり、
適応障害とは
ストレスが原因となって、
人によってさまざまな症状が
起きる病気です。

一方で、DSM-5という診断基準では
以下のように記されています。

明らかなストレス因子があり、
  それが生じた3カ月以内に
  症状が出現している
症状が通常予測されるよりも
  強い苦痛を与え社会的・
  職業的機能に障害を与えている
他の精神疾患の診断基準を
  満たしていない。
  そしてすでに存在している
  精神疾患の単なる悪化ではない
死別反応ではない
因子が消失した6カ月以内に
  症状は改善する



このことから、
簡単にまとめると、
適応障害の診断は以下の
2点からの検討となっています。

1. うつ病などの他の病気の
  診断基準を満たしていない
2. 原因となる明確なストレスがある



これが基本的な適応障害の
診断の流れです。

適応障害と他の病気の違い

適応障害では他の病気の
診断基準を満たしていない場合、
原因となるストレスが
明確である場合、
診断を受けることが多いようです。

ここでは、適応障害と
似た症状を持つ病気について
書いていきます。

うつ病
非定型うつ病
PTSD


うつ病

うつ病は適応障害と近い病気の
代表的なもののひとつです。

軽症のうつ病とは、
ほとんど見分けがつかないとも
言われます。

明確な違いとしては
原因となるストレスの有無
ということになります。

適応障害とうつ

うつ症状があれば
「うつ病」と診断されることも
ありますし、
「適応障害、うつ状態」という
診断を受けることもあります。

判断の線引きが難しいとも言えます。

非定型うつ病

非定型うつ病は適応障害と
ほぼイコールといえます。

非定型うつ病は、
気分の落ち込みが続く
うつ病とは異なり、
気分の波があります。

また、拒絶過敏性といって、
相手の言動を
否定的に解釈してしまう
といったように、
些細なできごとに対して、
過大な反応をしてしまうものが
あります。

この反応から機能障害に
発展する場合もあるため、
適応障害と診断される
場合もあります。

PTSD

PTSDも適応障害と
共通点の多い病気です。

PTSDとは
心的外傷後ストレス障害の
略ですので、
PTSDの診断基準に
当てはまるほど強くないものが
適応障害と診断される
ケースもあるようです。

Sponsored Link

体験談

僕はうつ病の診断を受けたことも
適応障害の診断を受けたことも
あります。

簡単ではありますが、
体験談として書いておきます。

うつ病の診断を受けたとき

僕がうつ病の診断を受けたときは
これが原因という
ストレスはありませんでした。

しかし、ストレスが
なかったわけではなく、
さまざまなストレスが複合的に
絡み合って、いつの間にか
動けなくなっていった。
そういうイメージです。

うつ病になったときは、
常に憂鬱な感じになり、
まず無気力になって、
部屋の掃除などが
できなくなりました。

不眠の症状にも悩まされ、
本当に眠れなくなりました。
身体の倦怠感があるのに
休めない状況はしんどかったのを
今でも覚えています。

適応障害の診断を受けたとき

僕が適応障害の診断を受けたときは
上司のパワハラという
明確なストレスとして
思い当たるフシがありました。

同時にうつ状態の診断も受けたので
うつ病のときと似た症状や
体調不良にもなりました。

その上で、
うつ病のときにはなかった
頭痛やめまい、吐き気や嘔吐など
身体症状もひどくなりました。

また、うつ病の診断を
受けたときと比較して、
ある程度、日常生活は
送れる状況ではありました。

睡眠障害についても
うつ病のときより比較的マシでした。
ただ、ストレスへの反応
というところでは、
うつ病のときにはなかった
症状があらわれました。

まとめ

今回は、適応障害と
その他の病気との違いについて
書いてきました。

しかし、共通する内容が
とても多い場合や、
見た目での判断が難しいことなど、
はっきりとした違いとしての
線引きや判断は、医師により
分かれてきます。

もし、何かしらの症状に
すでに苦しんでいる場合、
何の病気であるかよりも
まずはその症状を回復させる
緩和させることが先決です。

何かしら身体の不調を感じた場合、
一度診察を受けてみることを
強くおすすめします。

同じような状況の方や
すでに通院されている方の
一助となれたら幸いです。

ご感想など

ご質問・ご感想などは
 Twitter(shun.@hitokoto_kotoba)
 お問い合わせから
 いただけるとうれしいです。

Sponsored Link