のらりくらりと ゆめうつつ

適応障害からの回復へ向けて 休職中に自分でもできること【体験談】

life



こんにちは。
shun.(@hitokoto_kotoba)です。

僕は上司からのパワハラを受け、
適応障害の診断により、
4カ月の休職を経験し、
復職しました。

休職すると、
1日の生活の大部分がごっそりなくなります。
そして「休む」ことがメインになります。

とはいえ、ただ「休む」というのも
つらいものです。

そこで、今回は休職中にできることを
体験談を交えて書いていきます。

Sponsored Link

はじめに

適応障害について

適応障害はストレスが原因となって、
人によってさまざまな症状が起こる
病気です。

※適応障害については
こちらをご参照下さい。

適応障害の解決について

適応障害はストレスが原因です。
そのため、ストレスとなる原因の
解決をしっかりすることが
一番の解決になります。

※適応障害の解決に向けては
こちらをご参照下さい。

適応障害の症状について

適応障害の特徴は、
ストレスが原因で
さまざまな症状が起こる
ということだけです。

起こる症状は人によって違い。
言いかえれば、
この症状が適応障害というものは
ありません。

僕の場合は、
上司からのパワハラを受けて、
頭痛、めまい、吐き気、嘔吐が
ひどくなっていきました。

症状がある場合は
まず診察、通院が必要になります。
その上で、
症状がひどい、つらいといった場合、
休職などの対応も考える
必要があります。

僕の場合は、結果的に
4カ月の休職を経験しました。

※休職の手続きに関しては
こちらをご参照下さい。

結論:休職後にできること

生活リズムを整えること

休職後については、
基本的には療養しながら
通院することになります。

生活リズムを整えるというと
休むことがメインなので
当たり前のように思われるかもしれません。

とはいえ、
「ただ休む」というのもつらいものです。
症状がある中で、いつよくなるのか?
不安に感じたり、
「何もすることがない」ことに
焦りを感じたりも、僕はしました。

生活リズムでいえば、
僕の場合、ついつい昼に寝てしまい、
昼夜が逆転しかけたり、
何もしないことで、
余計な心配をしてしまったりしました。

そこで、日常生活のリズムを
取り戻すために気を付けたことを
書いていきます。

まず日常生活が送れるまでは休む

ただ休むのもつらいと
書いておきましたが
前提条件として書いておきます。

本当に症状が動けないくらい
ひどい状況のときは、
無理に動くのはやめましょう。

動けないことを一旦は受け入れて、
ある程度動けるようになるまで
回復を待ちましょう。

というのも、僕の場合、
うつ状態の診断も同時にあり、
最初はやろうとしても手につかない
という状況にもありました。

この状態で何かをして、できないとき、
余計に「できない自分」に苦しみました。

なので、まずは日常生活が送れそう。
このことがとても大切です

規則正しい生活をする

規則正しい生活をするためにすることは
とても簡単です。

朝起床・夜就寝、3度の食事。
これら5つの時間を
ある程度決めてしまいます。

厳密に決める必要はなく、
まずはリズム感を
つけていくことが大切です。

朝の起床

これがすべての基本と言えます。

朝が起きられないという場合でも、
一度、身体を起こして、
二度寝するくらいからでいいと思います。

僕の場合は、朝とりあえずは
一旦起きて、それでも頭痛や
頭が重いときには二度寝していました。

起きられるようになると、
一度朝に散歩など外出できると
尚いいと思います。

因みに、朝の光を浴びることは
体内時計がリセットされ、
健康的にもとてもいいです。

室内で活動することを見つける

「何もやることがない」状態は、
気分を低下させます。

活動といっても、
おおげさなことをする
必要はありません。
ちょっとした掃除などでいいのです。

僕の場合、風呂掃除などが
気分転換にはよかったです。

他に室内でできることで言えば
「筋トレ」が良かったです。
体調が悪いときはできないなど
長続きはしませんでしたが、
身体を動かすことで気分転換には
十分なりました。

そして、これが一番気分転換かつ、
今思うと時間を有意義に
使えたなと感じるのが

ブログを始めてみたことです。

とはいっても、
休職中は、いろいろな
準備をしていただけですが、
会社や他の人に左右されないことが
とてもよかったです。

昼寝しすぎない

体調が悪い。薬の影響などで、
日中に眠くなることがあります。

昼寝は、悪いことではありません。
ただし寝すぎてしまうと、
夜眠れなくなり、
昼夜逆転することもあります。
また夜眠れないことで、
余計なことを考えてしまい、
不安に感じてしまうこともあります。

昼寝をするときは
極力20~30分くらい横になるくらいで
留めておいた方が無難です。

室外で活動できるものを見つける

室内で安定して活動できるようになると、
室外でも何か見つけると尚いいです。

とはいっても、
スーパーまで買い物に
行くくらいからでいいのです。

僕の場合、
動けるようになってくると、
一駅電車で行き、
(普段の通勤では使わない路線)
そこから歩いて帰ってくる
などをしていました。

夜の就寝を心がける

寝ることもとても重要です。
なので、寝る前に入浴するなど
リラックスできる工夫をすることも
オススメです。

かなり動けるようになってからですが、
夜にジョギングもしていました。
適度に疲れることも、
夜に寝やすくなります。

因みに、寝れないときに
テレビやスマホを観ることは
基本的にはオススメしません。
これらの光が睡眠覚醒リズムを
乱してしまうからです。

余談ですが、
パソコンや携帯端末での操作で、
疲労感や不安感などが募る、
VDT症候群という病気も
あるそうです。

Sponsored Link

まとめ

今回は、
適応障害になり休職していたときの
僕自身の経験も含め、
休職中にできることを書いていきました。

同じような状況の方の参考や、
少しでも励ましになれれば幸いです。

ご感想など

ご質問・ご感想などは
Twitter(shun.@hitokoto_kotoba)
お問い合わせから
いただけるとうれしいです!

Sponsored Link