のらりくらりと ゆめうつつ

#08 HOUSE I

portfolio


house-i-001

house-i-002

house-i-003

house-i-004

house-i-005

house-i-006

house-i-007

house-i-008

house-i-009"

house-i-010

house-i-011

house-i-012

house-i-013

house-i-014

house-i-015

house-i-016

house-i-017

house-i-018

house-i-019

#07 HOUSE I

※ HOUSE Iは「りそうのイエ プロジェクト」という
 ”遊び”から生まれたふたつめの家です。

グリーンショップ併設の
住宅であるHOUSE-I。

ガラスの玄関ドアからは
外部から内部へと
木目の天井がつながっていき、
空間の豊かさが感じられます。

玄関ホールに入ると
ガラスドアのパーティションから
LDKの空間が感じられるとともに、
趣向を凝らした階段は
美術館のような
ギャラリースペースです。

LDKでは、
キッチンからダイニング・リビング、
テラスを一直線に視界が開ける
大空間が広がりを感じさせます。

和室へのアプローチは段差をつけ、
床の素材を切り替えることで
全く異なった表情を演出し、
連続する木の格子戸と
間接照明による空間は、
まるで高級料亭のような
風情があります。

2階には贅沢な
ライブラリースペースや、
ミニキッチンを備えた、
セカンドリビングとしても、
趣味の部屋としても使える
贅沢な部屋を完備しています。

「そこで何をして、どう過ごすか。」

インテリアや素材なども含め、
「在り方」にこだわった家。

それが、HOUSE-Iなのです。

「りそうのイエ プロジェクト」とは

「りそうのイエ プロジェクト」は、
”自分が本当に欲しい住宅”
をともに考えるプロジェクトです。

制限をほとんど与えないことで
 「本当の理想」を見つけ出す!
徹底的に「人」からスタートして考える



住みたい家を設計してもらう
注文住宅でも、
法規や予算など
制約は出てくるものです。

そこで

予算 関係なし!
敷地 関係なし!

というように、
制約をほとんど設けないことで、
自由な発想をしていき、
自分にとって大切なものを
考えるきっかけになります。

ただ単に大きければいい
というものでもなく

そこで「誰と」
そこで「どのように」
そこで「何をして」
そこで「どう過ごすのか」

といった
どう過ごすのかということから
空間を考えます。

家に合わせて生活をすることが
まだまだ一般的ななか、
完全無垢な100%
人によりそう住宅を目指します。

理想は膨らんで
大きくもなります!笑

でもそれでいいのです。

自分の暮らしにとって
大切なものは何か。
それが分かるのですから。

ご感想など

ご質問・ご感想などはTwitter(shun.@hitokoto_kotoba)
 お問い合わせからいただけると大変よろこびます!

Sponsored Link