のらりくらりと ゆめうつつ

【映画】#019 うまくいかない日々を好転させたいときに

movie



こんにちは。
shun.(@hitokoto_kotoba)です。

何をやってもうまくいかない。
そういう瞬間が訪れることは
あると思います。

今回は
うまくいかないときでも
何か活路を見出して
物事を好転させたい。
そんなときに、観たい映画です。

『イエスマン』

Sponsored Link

かんたんなあらすじ

銀行の融資担当のカールは、何に対しても「NO」という生活だった
仕事もうまくいかず、友人関係にもほころびが生じていた
そんなときに、友人に強引に連れ出されたセミナーで
 すべてに「YES」と答える誓約を立てさせられ…


銀行の融資の可否を決める
仕事をしているカールは、
離婚をきっかけに
すっかりネガティブになっていた。

銀行の融資の相談にも「NO」
メールの内容にも「NO」
支店長の誘いにも「NO」
ビラ配りにも「NO」
隣人の朝食の誘いにも「NO」

そんなカールは
親友ピーターの婚約パーティさえも
すっぽかします。

ピーターからは
「このままだと孤独死しても、
誰からも惜しまれないぞ」と
皮肉を言われる始末。

そんなカールを心配した
友人ニックはカールを強引に
自己啓発セミナーへと連れていく。

いかにもあやしげなセミナーの中、
カールは、セミナー講師に
これから身の回りに起こること
すべてに「YES」と答えるように
誓約を立てさせられてしまう。

セミナー会場を後にすると、
いきなりホームレスが
車で送って欲しいと頼んできて…

こんなひとに

うまくいかないことが多い
現状を好転させたい
自分の感性に正直でありたい


うまくいかないことが多い

何をするにもうまくいかない。
そんなことが続くと
いつしか消極的になって
しまうこともあります。

この映画の主人公のカールも
離婚や仕事のことなどで、
うまくいかないことが
立て続けに起こり、
物事に消極的になり
「NO」を言い続けます。

うまくいかないときには
何か新しいことを試みたり、
新しいきっかけが必要かと
僕は感じます。

映画の主人公カールは
自己啓発セミナーで
無理やり立てさせられた
「YES」の制約おかげで、
今までであれば
断っていた誘いだけでなく、
誰もが断るような要求も
受け容れていきます。

今までのままでは
行わなかった選択肢を
選んでいくことで、
いろいろなきっかけを
得ていくのです。

シンプルに突き進んでいく
カールの姿勢が
色々な物事を変えていきます。

うまくいかないことが多い。
そんな悩みを抱えている方には
カールがどんどん新しい世界に
踏み込んでいく姿に、
勇気をもらえるでしょう。

現状を好転させたい

現状に不満がある人も
少なくないと思います。

現状に不満があると言っても、
日常生活のルーティンや
慣れ親しんだ方法を
いきなり変えるのは
難しいのかもしれません。

ただ、現状に不満があるのであれば、
まったく今の逆に進むことも
方法のひとつです。

この映画では
カールはまさに
今まで「NO」と突き放していた
物事に対して、
すべて「YES」と受け入れていく
真逆の方法をとっていきます。

そしてそのことが、
結果的に新しい出会いや
新しい挑戦に結びついていきます。

今までにない選択肢を選んでみる。
そんな未知へのチャレンジを
後押ししてくれる映画です。

自分の感性に正直でありたい

自分に正直であるというのも
案外難しいのかもしれません。

または、自分のやりたいことが
みつからないという人も
いるでしょう。

主人公カールは、
離婚をきっかけにして、
さまざまな物事への
興味や関心がなくなっています。

しかし、
すべての物事を「YES」と
受け容れていくことで、
新たな自分の感性や
興味が湧いていきます。

自分の感性を磨くのも、
やりたいことを見つけることも、
さまざまな経験があって、
はじめて行えると僕は思います。

今までではなし得なかった経験に
カール自ら飛び込んでいくのです。
その中で、カールは
自分の新たな気持ちや
新しいやりたいことを
発見していきます。

自分の感性を大切にするためにも、
やりたいことを見つけるためにも、
新しい「行動」を起こしてみよう!
そう感じられる映画です。

Sponsored Link

まとめ

イエスマンは
とある自己啓発セミナーへの
参加をきっかけにして、
何に対しても「YES」と
受け容れていく物語です。

自分の感性に嘘をつくことなく
素直でいることの大切さを
改めて感じさせてくれます。

色んな経験をしてみよう!

そんな気持ちになる映画なので
是非ともオススメです!

ご感想など

ご質問・ご感想などは
 Twitter(shun.@hitokoto_kotoba)
 お問い合わせから
 いただけるとうれしいです!
 特に映画・本のお話は好物です。

Sponsored Link